【ヤル気が】 シャンクが出だしたら… 【失せる】

シャンクの対処方法】です。

シャンク、別名をソケットとも言います。

キッチリとクラブフェースでボールを捕える事が出来ずに、クラブ(フェース)の根元部分にボールが当たる事です。

ゴルフをやる上で一番嫌なミスショットです。

では、シャンクが出て止まらなくなった時の対処法を紹介しましょう。

本来、自分の握っているクラブの先端はクラブフェースの根元になっている訳なので、キッチリとクラブの根元にボールが当たる方が正しいと言えば正しいのです。

まぁ、そんな屁理屈を言っても仕方ありません。

シャンクはシャンクですし、シャンクしてOBを出したら、それはOBですから。(涙)

また、一度シャンクが出だしたら続けてシャンクが出る人もいます。

病気のようなものですね。

そんなムカつく病気は、さっさと直してしまいましょう。

まずはどうした時にシャンクが出るのか知っていますか?

シャンクが出る原因No.1は、右ひざにあります。

ダウンスイングで右ひざが前に出るとシャンクします。

右ひざが前に出る事でダウンスイングのクラブ軌道を右ひざが邪魔をして、クラブが自分の身体の近くを通る事が出来ません。

その為に、ダウンスイングでクラブがいつもより前に出てしまいます。

アドレスではボールをクラブフェースで構えていた為、ダウンスイングでクラブが前に出ると…

ほら、クラブの根元に当たるでしょ!?

だからシャンクが起きるのです。

他にもショートアイアンで腰の回転がダウンスイングより早いと、腰の回転にダウンスイングが引っ張られてクラブが前に出てシャンクします。

あとは、前傾姿勢の取り過ぎも原因のひとつですね。

それではお待ちかねの対処法です。

右ひざが前に出るパターンですが、ダウンスイングで右ひざを内側に倒します。

ダウンスイングのクラブの軌道を邪魔させない為です。

ダウンスイングで右ひざを内側に倒すのは、結構難しいので何度か練習してみてください。

次に腰の回転にダウンスイングが引っ張られてシャンクが出るパターンですが、この場合はアドレス時に少し右足を後ろに引いて構えます。

これで腰が早く回転してもダウンスイングの軌道にスペースが作られているので、クラブの軌道に影響を与える事がありません。

ショートアイアンでシャンクが出る人はこのパターンが多いので、右足を引いてアドレスしてください。

最後に前傾姿勢の方についてです。

前傾姿勢の方は、アドレス時にほとんどの体重がつま先に掛かっていると思います。

そこでアドレスをしたら一旦、体重をカカトに移してみてください。

これで自分がどれだけつま先に体重を掛けていたのかが解ります。

あまり体重をつま先に掛け過ぎずに、つま先とカカトの両方に均等に体重を載せてください。

これでシャンクが無くなると思います。

取り合えずシャンクが出たら、右足を少し後ろに引いてアドレスしましょう。

右足を後ろに引いておけば、ヒザが前に出たとしてもある程度は耐えられます。

前傾姿勢から出るシャンク以外は、これで止まるはずですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です