【ずぶ濡れ】 雨のゴルフ対策 【覚悟!】

基本的には雨の中でゴルフは、・・・するもんじゃありませんよ。(笑)

早くドーム型のゴルフコースが出来る事を祈ります。(確かドバイに計画があったような…)

しかし現実のゴルフでは急に雨が降ってくる事もあります。

しっかりと雨対策しておきましょう。

雨の日のゴルフの注意点を紹介しましょう。

まず、カッパは絶対に必要です!!!

例え天気であっても、薄手のカッパは常にゴルフバッグの中に入れておきましょう。

もちろん、上下共にです。

更に、事前に雨が降ると分かっているなら、替えの靴下やパンツは必須!

絶対に忘れないでください。

傘はゴルフコースで貸してくれますから、これは大丈夫。

それよりも、雨用の帽子を用意しておきましょうね。

さて、ここまでは子供の遠足の注意みたいでしたが、ココからは違います。

雨が降った時のゴルフでの注意点です。

まず足が滑ります。

特にラフでのショットでは、滑ってスッ転ぶかしれません。

傾斜があれば、もっと良く滑ります。

しっかりと足場を確認してショットしましょう。

次にグリーン上での注意点。

ボールがグリーンにオンしたら、ボールはほとんど転がりません。

ピンをデッド(直接)狙っていくぐらいの気持ちでショットしてください。

但し雨のゴルフでは、ボールとクラブフェースの間に水が入り、ボールがフライヤー気味になる事があります。

ショットする時に雨(水)の量が多ければ、いつもより飛距離が出てしまう事に注意してください。

状況に応じてクラブの選択をしましょう。

最後に、グリップとグローブ。

これはホントに重要ですから、良く聞いてくださいね。

クラブのグリップは絶対に濡らしてはいけません。

グリップが濡れてしまうと、思い切ったスイングができません。

ですから、普段やっているようなクラブを2本~3本持ってボールの地点に行く場合、絶対にグリップが濡れないような工夫をしましょう。

使わないクラブは傘の中に入れて、グリップを濡らさないとか…

それからグローブ。

クラブのグリップを濡らさないようにしても、グローブが濡れていまっては意味がありません。

ショットが終わったらグローブをしている手はポケットに入れるとか、タオルを持つようにして濡れないようにしましょう。

特にグリーンにオンしたボールを拾い上げる時は要注意。

ボールがボトボトに濡れていますから、グローブしている手で触らないようにしましょうね。

雨の日のゴルフ対策の結論は・・・、やっぱりタオルをドッサリ持って行く事ですね。(笑)

ゴルフ場のトイレのタオルは持って行っちゃダメですよ。

確かに、便利ですけどね。 ← 持って行った事があるのか!ってツッコミは無しでお願いします。(爆)

雨の日のゴルフ、頑張って下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です