すべてのショットはダウンブローで正解

ドライバー以外のショットは、すべて打ち込んでいくのが正解だと思います。

アイアンショット、アプローチショット、フェアウェイウッドも同じです。

しかし実際には、ボールを打ち込む事が出来ていない人が多いと思います。

それでは、打ち込む(=ダウンブロー)の方法を説明しましょう。

ダウンブローに打てるようになると、アプローチだって上達しますよ。

ガンバって練習!練習!

まずはスイングのチェックからです。

ダウンブローに打つには、当たり前ですがダウンスイングが大切。

トップの位置からクラブヘッドを直接ボールに叩き付けるような感覚です。

その際、クラブヘッドはボールまでの最短距離を移動するものとイメージしておいてください。

次にフォローです。

インパクト後、クラブをすぐに上げようとしてはいけません。

フォローは低く、長く出します。

スイングでは、この2点に注意してください。

次にボールの位置です。

アドレスにした時、ボールをいつもより右足に2つ分移動させます。

例えば7番アイアンでスタンスの真ん中にボールを置いていたのなら、ボールを右足の方へ2つ分移動させるという事です。

これで上からボールを打つ事ができます。

もしどうしても打ちにくいようであれば、ボールの移動を1つ分にします。

スイングとボールの位置に気を付けて、ショット練習しましょう。

慣れないうちは打ちにくいと思いますが、ボールを上から打てるようになればボールがどこにあってもダウンブローに打てるようになりますよ。

このダウンブローの感覚がマスターできれば、アプローチでのザックリなどが減ります。

また距離のあるバンカーショットでも、ボールをクリーンに打っていく方法でカップを狙えます。

また、ダウンブローの弾道は低いことをお忘れなく。

ショットしたすぐはボールが低く出て、飛んで行くに連れてグングンと高く上がっていきます。

こういった弾道が出たらダウンブローに打てていると思ってください。

ボールは上から打つのが基本。

ドライバー以外は、ダウンブローに打つように練習しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です