インサイドアウトにクラブを振るコツ

ゴルフ初心者の方には難しいかも知れませんが、クラブは「インサイドアウト」に振るのが良いとされています。

インサイドイン等というのもありますが、ココではインサイドアウトって事にします。

インサイドアウトは、スライスが出にくいクラブの軌道です。

逆にアウトサイドインは、スライスが出やすい軌道。

インサイドアウトにクラブを振る為のちょっとしたコツを紹介しましょう。

インサイドアウトにクラブを振る為には、ダウンスイングでの右腕の使い方が鍵です。

まずは頭の中でスイングしてみましょう。

アドレスからテークバック、そしてトップにきました。

トップからダウンスイングに入った時にイメージして欲しい事があります。

右手をズボンの右ポケットに入れるようにダウンスイングして欲しいのです。

もう一度言いますね。

「ダウンスイングで、右手がズボンの右ポケットに入るようにクラブを降ろす」…という事です。

次は実際にやってみましょう。

トップの位置から、インパクトに向かってダウンスイングしてください。

右手がズボンの右ポケットに入るような起動でクラブを降ろせてますか?

多分、右手が右ポケットの前にきてるでしょう。

これを実現しようとすると、かなり後ろ(背中)の方からクラブを振り降ろす必要があります。

思いませんか?

このクラブの軌道こそが、インサイドアウトのインの部分になります。

ちなみに、サイドは正面の部分(インパクト部分)で、アウトはインパクト後のクラブの軌道を言います。

インサイドアウトにスイングする為のコツ。

ダウンスイングで、右手は右のズボンポケットに入れる。

是非、練習してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です