【パーム】 グリップには2種類ある 【フィンガー】

グリップの方法には、2種類あるのをご存じですか?

2種類? インターロッキングに、オーバーラッピングに、ベースボールグリップの3つじゃなの???

…ってか、そっちの話じゃ無いんですよねぇ。(笑)

手の平を主体で握るか、指を主体で握るか…そっちの話なんです。(汗)

これはインターロッキングでも、オーバーラッピングも関係ありません。

手の平のどこの部分でグリップするかというお話です。

クラブを握るとき、左手の第一関節にクラブを乗せてグリップするのが、フィンガーグリップになります。

ゴルフ初心者の方は、フィンガーグリップが多いのではないでしょうか。

しっかりと握った感じがします。(感じだけですけどね…)

しかしフィンガーグリップは意外と、手の中でクラブがグラついてしまう事があります。

クラブと手に一体感が無いというか…

またショット時に、指の力加減を調節してしまいクラブが在らぬ方向へ動いてしまう事もあります。

フィンガーグリップがダメだという事はありませんが、オススメはパームグリップです。

パームグリップは、手の平で包むようにグリップする方法です。

左手の平にクラブを斜めに置きます。 (フィンガーグリップは人差し指から小指までの第一関節に真っ直ぐクラブを置きます)

小指から順に締め付けていきます。

最後の人差し指はカギの形になるようにして、クラブの下から添えるだけ。

親指は、クラブを真上から押さえ付けるのでは無く、カギの形にした人差し指の先に親指の先が当るようにします。

ビリーヤードをやった事がありますか?

左手はブリッジを作りますが、ブリッジを作った時の人差し指と親指の形と同じになるようにします。

これがパームグリップです。

フィンガーグリップからパームグリップに換えると、最初は違和感があります。

しかしずぐに慣れるので、しばらくそのままで練習してみましょう。

パームグリップはクラブとグリップに一体感が生まれ、不必要な動きやズレ、グラつきが無くなります。

今フィンガーグリップの人でこの先ゴルフの上達を望むのなら、是非パームグリップに替えてしまいましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です