クラブコントロールは右の人差し指で

上級者向けの話ですが…、どうしても微妙なクラブコントロールを必要とする時があります。

アプローチでも、アイアンショットでも、ドライバーショットでも…

多少でもクラブをコントロールしようとすると、どうしても手首や肩が動いてしまいます。

するとクラブ自体も大きく動いてしまうので、希望するような結果を得る事ができません。

微妙なクラブコントロールには、右の人差し指が役に立ちます。

正確にいうと、右の人差し指の第二関節と付けの間にある人差し指の腹の部分でコントロールします。

ちょっとややこしい説明ですが、人差し指の付けの上ぐらい…と思ってください。

この部分でクラブの微妙なコントロールをします。

ですから、この部分にクラブの動きや振動が伝わるようなグリップを作ってください。

アイアンやドライバーショットでは、インパクトの微妙なズレや手首の返りなどを感じてスイング中に修正できるようになります。

ホントに上級者しか出来ないワザなので、ゴルフ初心者は聞き流してくださいね。

アプローチではこの部分でインパクトを感じて、クラブの動きを制御できるようになります。

あまり意識してクラブコントロールをしようとすると、手首が動き出すので注意してください。

ソールを滑らす、上から打ち込む…どちらにしてもこの部分を中心にクラブコントロールを考えましょう。

急に出来るものではありませんので、最初は人差し指の腹の部分を感じながら素振りするのが良いかと思います。

まずはアプローチから始めましょう。

右人差し指の腹の感覚が発達してくれば、ミスショットをスイング中にリカバリー出来るようになりますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です