梅雨(雨)のゴルフ対策 : ラフからは超フライヤーに注意

さて雨が強くなってくると、飛ぶボールにも影響します。

いつもより余計に飛んでしまって、グリーン奥のバンカーへ・・・

あれ!?こんなはずじゃ無かったのになぁ。

↑ これって雨のゴルフには多いことなんです。

では、その原因を理解して、グリーンオーバーにならないように注意しましょう。

梅雨のゴルフだけじゃなく、雨の日のゴルフでも発生する現象なのでよく覚えておいてくださいね。

ラフからボールを打つと、ボールとクラブフェースの間に芝が入ってしまいます。

その為、アイアンのミゾに芝がはいってしまい、スピンが効かなくなります。

スピンが効かなくなると、フライヤーと現象が起きて、ボールが予想以上に飛んでしまうことになるのです。

怖いでしょ?

さてそこで雨の日・・・

普通でも、ラフからボールを打つとフライヤーになって距離が出過ぎるんですよ。

そこに雨の「水」が加わると、さらに恐ろしいほどの距離が出ちゃいます。

軽くキャリーでグリーンオーバーするぐらいは距離が出るかもしれませんね。

雨の日のラフからボールは打つ時は、超フライヤーを計算して1番手小さめに打つとかの工夫が必要です。

なんでもかんでも晴れた日と同じようにショットしていると、痛い目に合いますよ。

是非、覚えておいてくださいね。

補足:

フライヤーになるのは、ラフからのショットばかりではありません。

ボールとクラブフェースの間に大量の水が入れば、フェアウェイからのショットでもフライヤーになります。

雨が強い場合や、たくさんの水を含んでいるような芝からショットする場合はフェアウェイからのショットでもフライヤーに注意しましょうね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です