梅雨(雨)のゴルフ対策 : 砂が締まるバンカーに注意

雨降りのゴルフで劇的に変わるものと言えば、それはバンカーでしょう。

いつもはフワフワの柔らかい砂も、雨が降れば締まった硬い砂に早変わりです。

普段のようなバンカーショットをすると、距離が出ませんので注意です。

こんな時の為に、バンカーショットは2通りの打ち方を覚えておきましょうね。

柔らかい砂用のショット、硬い砂ようのショット。

他にもあるのですが、今回は雨で硬くなったバンカーでもショットを紹介しましょう。

通常、バンカーショットはボールの手前2cmを打ってフォローを出さない打ち方をしますね。

砂の爆発でボールを脱出する「エクスプロージョンショット」が基本です。

しかし、雨で締まった砂でエクスプロージョンショットしても砂が爆発せずに、ボールは少ししか飛びません。

こんな場合のバンカーショットは、砂ごとボールを運ぶようにショットします。

それでは打ち方です。

少しフェースを開いて構えます。

距離はスイングの大きさで調整してください。

ボールの少し手前の砂からクラブを入れて、ボールの下の砂を丸ごとアイアンのフェースでくり抜く感じでショットします。

くり抜く感じですから、フォローもしっかりと取って下さい。

イメージでいうなら、スプーンでアイスクリームをくり抜く感じです。

あんまりゆっくりやるとミスが出やすくなるので、素早くクラブを振り降ろして、素早くフォローを取ってください。

スパッ!とボールの下の砂をくり抜きましょう。

個人的なアドバイスとしては、クラブのリーディングエッジから砂に入れていくのではなく、SWのバンスから砂に入れていく感じにすると良いでしょう。

その為にも、クラブフェースは開いておいてくださいね。

実は・・・雨の日のバンカーショットって意外と簡単なんですよ。(笑)

是非、頑張ってください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です