梅雨(雨)のゴルフ対策 : 柔らかいグリーンはカップを狙う!

雨の中でゴルフをした事があれば誰もが知っていると思います。

グリーンに載ったボールはあまり転がりませんよね。

それもそのはず、ボールが水の抵抗を受けるからです。

それだけではありません。

梅雨時などの雨を大量に含んだグリーンはどうなるか?

もちろん、通常の攻め方ではいけません。

グリーンは雨を含むと柔らかくなります。

打ち下ろしのショートホールなどで経験がありませんか?

ドスンっ!と落ちたボールがグリーンに埋まったのを・・・

もちろんグリーンに埋まるぐらいですから、ランはまったくありませんね。

通常、ゴルフは少しランが出るのを考えて、グリーンやカップの手前から攻めていきます。

しかし雨の時のゴルフは違います。

大胆にも、直接カップを狙っていきましょう!

雨を含んで重たくなっているグリーンに、更に大量の雨水でグリーンは柔らかくなっています。

ランの計算など考慮せずに、思い切ってカップを狙ってショットしてください。

カップの位置は、カートなどに備え付けのコースガイドなどを見れば解ると思います。

ショットだけではありません。

アプローチも思い切って、カップを直接狙うぐらいの気持ちで良いと思います。

ガンガン攻めのゴルフを展開してくださいね。

また雨で重たくなっているグリーンはパットの感覚も狂わせます。

ロングパットの場合は、思いっ切り打ってもカップまで届かない事もありますから注意ですよ。

前の記事でも書きましたが、フライヤーには注意してグリーンを狙ってください。

グリーン上ではボールが止まるので、常にカップの位置を気にしてショットしましょうね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です