梅雨(雨)のゴルフ対策 : 雨の日のゴルフマナー

雨の日のゴルフは、神経を使います。

それはプレー中の事だけではありません。

プレーが終わった後も、もうしばらく神経を使ってください。

ついつい忘れがちになってしまう、雨の日のマナーについて紹介しましょう。

これであなたもゴルファーの仲間入りですよ。

最近はあまりマナーにうるさく言うゴルフ場も少なくなってきました。

あまり口うるさく言うと、ビジターが来なくなるからです。(笑)

ゴルフ場でナマーにうるさいのは、・・・ホントは年配のメンバーだけなんですよ。

ゴルフ場側としては、多少はマナーに目をつぶっても来場してくれる方が嬉しいんですから。

しかし、甘えてばかりではいけません。

マナーは、マナー。

しっかり覚えておきましょう。

では、雨の日のマナーについて説明しましょう。

ゴルフが終わってクラブハウスに入ると時は、必ずレインウェアを脱ぎましょうね。

レインウェアを着たままでクラブハウスに入って行くのはマナー違反です。

次に帽子です。

室内で帽子を被っているだけでもマナー違反なのに、ボトボトの状態では掛けるコトバもありません。

注意しましょうね。

それからクラブの確認。

雨の日のゴルフは疲れます。終わったらすぐにでも服を脱いで、お風呂に入りたいですよね。

しかしここでクラブの確認をしておかないと、後々トラブルになります。

しっかりとクラブ確認してからロッカーに戻りましょう。

最後に、ゴルフシューズです。

自分が濡れている事やレインウェアの事ばかりに気がいってしまい、汚れたままのゴルフシューズでクラブハウスに入って行っちゃう人もいます。

ダメですよ。

ちゃんとマットやエアーを使ってゴルフシューズを綺麗にしてから、クラブハウスに入ってください。

特によく目にする雨の日のマナーを紹介しました。

まだまだあるのですが、それはまたいずれ紹介しましょう。

当たり前の事なんですが、いろんな事に気を取られて忘れちゃう事もあります。

しかしゴルファーを目指すなら、マナーにも気を使ってくださいね。

他の人に迷惑を掛けない、素敵なゴルファーになってください。

大丈夫!この記事を最後まで読んだあなたなら、きっと素敵なゴルファーになれますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です