ボールの飛球線上とアドレス時のマナー

ゴルフのマナーって解り難い上に、最近ではあまり注意してくれる人も少なくなりました。

もしマナーの注意をして、ウルセーなぁ!って思われると、こちらも嫌なので注意しなくなりました・・・という声も聞きます。

せっかく教えてあげたのに嫌がられたら気分悪いですものね。

もし注意してもらったら素直に聞きましょうね。(笑)

マナーもイロイロあるのですが、取り合えずは飛球線のマナーとアドレス時のマナーを覚えましょう。

ここをしっかり覚えていれば、あなたのゴルフマナーも向上しますよ。

まずは飛球線のマナーです。

ティーグランドでも、フェアウェイでも、グリーンでも、ティーショットする人の飛球線上に立たない事。

例えば、ティーショットする人がアドレスした場合、真正面(ボールのある方)を『北』とします。

ボールを打つ方向(グリーンのある方向)が『西』になるので、背中が『南』になりますね。

このアドレスしてる人の『東』側に立ってはダメって事です。

またティーグランドでは、ティーショットする人の正面に行ってもダメです。

上の例でいうと『北』側になりますね。

・・・っていうか、本来はティーグランドにはティーショットする人しか入ってはいけません。

仲間内のゴルフなら許せますが、知らない組がティーショットする時は絶対にティーグランドに上がらないようにしましょうね。

しかし、このマナーも一歩ティーグランドから出てしまえば、問題ありません。

どうしてもボールを打つ真後ろからショット見たいのであれば、ティーグランドから出て見ましょうね。

これはグリーンでも同じです。

グリーンの場合は、パットという繊細なショットをしますのでティーグランド以上に注意してください。

次にアドレス時のマナーです。

これは簡単!

他の人がアドレスに入ったら動かない事。物音を立てない事。

歩いてても、一旦止まってショットを待ちます。

前の組や他の組がティーグランドでショットする時も、アドレスに入ったら止まって音をさせないようにしましょう。

おしゃべりもストップですよ。

まずはこのマナーだけでもしっかりと覚えておきましょう。

きっと「出来るヤツ!」と思ってもらえますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です