トップが先か?ダフリが先か?

今日はトップボールばかり出るなぁ・・・

今日はトップボールが出ると思っていたけど、今度はダフリ出した・・・

今日のゴルフは散々だなぁ。(涙)

もちろん、ダフリからトップボールに変化する逆の場合もありますが、あなたにもこんな経験あるでしょ?

取り合えずどうしていいのやから解らず、混乱したまま18ホールをプレーしてしまった・・・

こんな場合、意外と原因はひとつの場所にあるものなんですよ。

例えば、最初はトップボールばかりだったのに、ダフリも出だした・・・もうトップもダフリも両方出る・・・

この症状を例に挙げてみましょう。

トップボールが出るので頭が早く上がっていると思い、頭を固定してスイングする。

すると今度はダフリが出る・・・、この原因は同じ場所にあります。

本来はダウンスイングで右肩が下がってしまっていて、インパクトが窮屈になるのを頭を早く上げることで身体が勝手に修正しようとしているのです。

ちょっと難しいですね。(笑)

要は、ダウンスイングでダフるのを避ける為に、身体が勝手に頭を早く上げてダフリを防ごうとお節介をしている訳です。

そして今度は頭が上がるのを止めると、ダフリの連発・・・

普通はこうなると、どこに問題点があって、どう修正していいのか解らずパニックになります。

※原因はもちろん、右肩が下がるからです。

トップやダフリの結果ばかりに目を向けずに、その過程にも注意してください。

両方のミスの原因は、同じところに潜んでいるかも知れませんから。

頭が上がるからトップする ⇒ 頭を上げずに打つとダフる ⇒ ダウンスイングに問題アリ

こんな風に冷静に判断してみましょう。

ミスショットを打つにはどこかに原因があります。

それを早く見つけてプレー中に修正できるようにしましょう。

このレッスンを読んで理解できるなら、きっとインプレー中の修正も出来るほどの腕前があなたにはありますよ。

頑張ってくださいね。

※最後に・・・、意外と見付けにくい身体の挙動は、ダウンスイングで身体が沈む・・・です。ご注意を。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です