冬のゴルフ対策 : 飛ばないボールは暖める

冬場は身体も硬くなります。

いきなり大きなスイングしたりするのは禁物ですよ。

さて、以前にも紹介したと思いますが、冬場の飛ばないボール対策です。

もちろん競技でコレをやると失格になりますから注意ですよ。

いかにも自然な感じでやってみましょう。(笑)

冬場のゴルフではボールが飛ばないので、ショックを受ける人もたくさんいるかと思います。

「飛距離が落ちてる・・・」

とかいってスイングの改造なんかしなくても大丈夫ですよ。

ボール自体が冷たくなると、ボールは飛ばなくなるものなのです。

そんな時はボールを暖めてやると飛距離は多少ですが戻ってきます。

しかし、完全なルール違反!

競技でやって見つかったら失格ですよ。

でもね、不可抗力って事…ありますよね。(笑)

まずはポケットに使い捨てカイロを忍ばせておきます。

そしてそのポケットへボールを入れます。

たったコレだけ。

入れたポケットにたまたまカイロが入ってただけですから。

プライベートゴルフなら、思いっ切り暖めても大丈夫ですよ。

なんといっても「プライベート」ですから。

ただしボールを火にくべるのはキケンです。

やっちゃダメ!絶対!

昔、糸巻きボールを火に入れて大変な事になってる現場を見た事がありますから。

では、冬ゴルフも快適に楽しんでください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です