冬のゴルフ対策 : グリーンがカチカチかも…

冬のゴルフで朝の早いスタートは困ります。

山間部のゴルフ場だと、ゴルフ場に到着するまでの道が凍結したりしますからキケンです。

冬場に山間部のゴルフ場へ行く場合は、スタッドレスタイヤに交換してから行きましょうね。

でもキケンなのは道中だけではありません。

もし、グリーンがカチカチだったら・・・

むか~し、むかしの事じゃった。

標高の高いところでお正月にゴルフした事があります。

今なら寒いから絶対にいきませんが、当時はゴルフに燃えていましたから・・・

3ホール目ぐらいに、そのゴルフ場でも一番高台にあるホールのティーグランドに着きました。

ミドルホールでティーショットの飛距離はイマイチでしたがベストポジション!

略してベスポジです。

嬉しくて、急いでセカンドの位置に行きました。

さてセカンドショットです。

狙い定めて4番アイアンを振り抜くと、低い球の出だしから徐々にボールが高く上がっていくではありませんか。

4番ホールの中心で「ナイスショット!」と心の中で叫びます。

目を皿にしてボールの行方を追い掛けます。

そしてすぐさま視線を移し、先にボールの落ち際を確認すると・・・

「ピン筋ちゃうの・・・(汗)」

方向はバッチリです。あとは距離感だけ。

冬場は寒いのでボールの飛距離も伸びにくくなります。

5番で打てる距離だったのを敢えて4番にして、少し短く持ちシャープに振り抜きました。

少し大きいかも・・・という弱気の虫が心の中で囁きます。

いよいよ、ボールが落ちてきました。

長年のゴルフ感から言わせれば、大きくないような気がします。

それよりも、少し短いかも知れません。

しかも少しボールにフェード回転が掛かっているようでピンの右側に落ちそうです。

予想ではカップ少し右、手前1,5メートル・・・いや2メートルってところでしょうか。

同伴競技者もおぉ~っと声を上げています。

盛り上がって参りました!

(今日イチかぁ)

めっちゃドヤ顔しました。

ボールがカップ手前に落下すると・・・

「カッコーーーーーン!」

グリーンに跳ね返されて、スーパーボールのようにバウンドします。

うそぉ~ん!!!

叫んだけれども手遅れ、グリーン奥の白杭の向こうへとボールは消えて無くなりましたとさ・・・

こんな信じられないような事もあります。

冬の朝、しかも寒くてスタートの早いゴルフは、グリーンの上にも要注意ですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です