パットでのオーバースピンとバックスピン

何やら難しそうなタイトルですが、そうでもありません。

グリーン上でパットしたボールの回転にも、オーバースピンとバックスピンがあるのです。

簡単に説明すると、ボールの転がりが良いのはオーバースピン。

ボールが転がりにくいのがバックスピンです。

オーバースピンとバックスピンの打ち方はとってもカンタン。

ですが…、どの場面でオーバースピンとバックスピンを使い分けるのかが重要です。

【オーバースピンの打ち方】

ボールをスタンスの真ん中よりも左足寄りに置いた状態でパットするとオーバースピンが掛かります。

ボールをパターのフェイスで舐め上げるようにパットするからです。

ドライバーショットと同じような原理ですね。

【バックスピンの打ち方】

ボールをスタンスの真ん中よりも右足寄りに置いた状態でパットするとバックスピンが掛かります。

ボールをパターのフェイスで叩き付けるようにパットする為です。

アイアンショットと同じような原理です。

※ボールをあまり右足寄りにおいてパットすると、ボールの出だしが「ピョコ!」とジャンプしてしまうので注意してください。

注意して欲しいのは、状況に合わせた方法でパットする事です。

下りなのにオーバースピンを掛けてパットすると、カップを外したにボールはドンドン転がって行ってしまいます。

逆に上りにも関わらずバックスピンのパットをするとショートします。

基本的のパットスタイルとしては、ボールはスタンスの真ん中よりもボール3つ分ぐらい左足に寄せてアドレスするのが良いかと思います。(個人的に…)

※普段は軽いオーバースピンのボールを打つようにする。

上りのパットや距離のあるパットの時は、更にボールを左足寄りにセットします。

下りのパットやグリーンの感覚が掴めていない時は、アドレスの真ん中かぐらいにボールをセットします。

あまり右に寄せ過ぎてもいけませんよ。

ちょっと上級者的な内容ですが、ボールの転がりでパットは大きく変わります。

状況に応じたパッティングを身に付けるとスコアが驚くほど良くなりますからね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です