【浮かれちゃ】 グリーンにオンしたらやるべき事! 【ダメ!】

いざグリーン上にボールが載ると、慌ててボールをマークして自分の番がくるのをジッと待っている人がいます。

自分の番がくるとボールを置き直して、いざパットに入ります。

それでは、入るものでも入りません。

グリーン上では、自分の番が来る前にやるべき事がたくさんあります。

それでは説明していきましょう。

まずは何と言っても自分のボールをマークする事。

自分のボールの近くに誰も居ないから、マークは必要ないって思う時があるかも知れませんが、ボールはマークしましょう。

マークして、ボールの汚れや、傷を確認してください。

それから、グリーン上に出来たボールマークを直します。

グリーンオンした時に、ボコッと出来る穴です。

グリーンフォークで直しましょうね。

さてさて、他の方がまだ用意をしているようなら、マークの後ろに回ってマークからカップまでを確認します。

この時、どちらに曲がりそうか確認しておいてください。

次にマークを右手に見て、自分がパットするであろうラインと同じ方向の横をカップまで歩いて行きます。

マークとカップの間に枯れ葉などの動かせる障害物が無いかチェックしてください。

カップまでくると、今度はカップの後ろからマークまでを確認します。

先程は、マークからカップまでを眺めました。

パットをするとどちらに曲がりそうですか? マークからカップを見た時と、同じ方向に曲がりそうですか?

キッチリと確認しておきましょうね。

今度はカップを右手に見て、パットのラインを逆にマークまで戻って行きます。

傾斜の確認や障害物の確認をお忘れなく。

こんな風にボールのある場所とカップを1周するのが良いですね。

ボールがどちらに曲がるのか、どれぐらいの登り・下りなのか、取り除ける障害物は無いか、だれかのマークが邪魔にならないか…

そんな事を見ながら回ってみてください。

ただ単に自分の順番をボーっと待つより、カップインする確率が高くなりますよ。

同伴競技者のパットのラインを踏まないように注意してくださいね。

もちろん、グリーン上は走ってはいけませんよ。

これであなたも少し上級者の仲間入りです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です