【ノーカン】 パットの距離感とは? 【チビリ】

パットする時に、どれぐらい打てば良いのかなぁ…、こんな事を言うゴルフ初心者の方がいます。

明らかにパットの距離感がありません。

パットの距離感が無いと、カッツーン!と打ってしまってグリーンの外に出たりします。

やった事は無くても、見た事はあるでしょ。

または逆にビビってしまって、超ショートとか…

では、パットの距離感を合わせる方法を紹介しましょう。

まずお聞きしたいのですが、キャッチボールをした事がありますか?

グローブを付けた本格的なキャッチボールから、ドッジボールのような大きなボールまで。

まぁ、たいていの人ならキャッチボールぐらいはやった事があるはずです。

ではこのキャッチボールをする時に、どれぐらい投げたら届くかなぁ…って考えた事がありますか?

そんな事は考えませんね。

だいたいの距離は目で見て判断できます。

では、何故パットの時に距離が掴めないのでしょうか?

それはボールにアドレスした状態でカップを見るからです。 ← 早くも答えを出しちゃいました。

どういう事かというと、カップまでの距離を横から見ているから距離感が掴めないのです。

これはお先のパットが外れる時と同じで、横から見る事で正しい距離感が把握できなくなっています。

一旦、ボールの後ろに立ってみてください。

ボールのある地点からカップまでの距離を見て、どれぐらいの力でボールを打てば良いか考えてみます。

ボールにアドレスしたままで見るよりは、もっと具体的な力加減が解ると思います。

では、距離感を合わせる練習方法を紹介しましょう。

ゴルフコースにある練習グリーンでやってみてください。

先ずボールを置きます。

カップまでの距離をボールの後ろから眺めます。

ボールの位置に立って、カップに正対します。

しゃがんでから、ボールを転がしてカップに近づけます。

何度かやってみてください。

これで距離感が養えます。

今度は立った状態で下からポーンとボールを少し投げてカップに近づけます。

あくまでも距離を合わせる練習ですので、入る入らないは問題ありません。

ピッチエンドランの距離感も掴めるようになりますよ。

カップの半径30cmぐらいに近づくようにしましょう。

パットに入る前には、必ずボールの後ろに立って距離を確認する事。

これだけでパットの距離感が違ってきますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です